小学生の勉強で大切なこと

HOME > 勉強の仕方 > 高校受験の勉強の仕方 > 小学生の勉強で大切なこと

小学生の時期に大切なこと

小学生の時期に大切なことは、お子様に何か一つ自信を持たせることです。
どんなことでもいいですから、何か一つ、お子様に自信をつけさせましょう。
できれば、親御さんが決めるのではなく、自然の流れでお子様が見つけるのがよいと思います。

例えば、
・虫が大好きで、虫のことなら何でも知っている
・車が大好きで、車の名前をよく知っている
・花が大好きで、花の名前をよく知っている
・アニメや漫画が大好きで、アニメや漫画のことをよく知っている
サッカーの画像 ・エレクトーンまたはピアノを上手に弾くことができる
・水泳が得意である
・野球はいつもレギュラーである
・プロのサッカー選手を夢見て、毎日練習している
など、他の小学生には絶対負けない知識があるとか、自信をもって取り組むことができることがあるといったようなことでokです。

このような自信は、自分自身の存在をアピールできるほか、一つの自信が次の自信につながることが多いためです。

小学生の勉強で大切なこと

次は、小学生の勉強面についてのお話しです。
小学生の勉強は、全ての科目で「よくできる」を目指しましょう。

小学校の授業の画像 小学生の成績は、
・よくできる
・できる
・がんばろう
の、3種類で評価されるのが一般的だと思います。

「よくできる」を取れている子が多いと思いますが、「よくできる」という評価は、スバ抜けてよくできている!という意味ではありません。
特に、小学校低学年、小学校中学年位までは、「よくできる」が取れていて普通だと考えてください。
ですから、通知表を見て、「よくできる」だから安心!なんて思わないでくださいね。
マラソンで言えば、他の選手と一緒にスタートラインに立っている程度のことです。

次に、「できる」「がんばろう」がある小学生ですが、この評価は、
・「つまずき」の兆候がある
・「つまずき」がはっきり見受けられる
・または、学習に対する基本的な姿勢に問題がある
といったことが容易に想像できます。

学業でいうと、小学校は、まだ始まったばかりです。
この時期に「つまずき」があるということは、これから先(中学校、高校、大学)の勉強にハンデを負うことになってしまいます。
ですから、「つまずき」をなくす勉強をしていかないと傷口が大きくなってしまい、取り戻すのに莫大な時間をかけることになってしまいます。

「できる」「がんばろう」がある小学生はどうしたらよいのか

「つまずき」をなくしたり、減らしたりするには、当然ですが、改善するための時間が必要です。
但し、決して事を急いだり、厳しい態度でお子様に接してはいけません。

親御さんにしていただきたいことは、親御さんのそばで、学年×10~15分の家庭学習をさせてください。
ポイントは、同じ部屋で、親御さんと一緒に勉強する時間をつくるということです。
少しぐらいおしゃべりをしても構いませんから、楽しいひと時を『勉強という作業』で過ごすようにしてみてください。

ほめるの画像 それから、必ずしていただきたいことがもう一つあります。
それは、どんなことでも構いませんから、毎日、心から、お子様をほめるようにしてください。
昨日まで出来なかった問題が出来るようになったとか、昨日は5分しか出来なかった勉強時間が10分できたとか、何でもいいです。
とにかく毎日お子様を心からほめてください。

このような形で家庭学習を進めていくことができれば、お子様は楽しく、そして前向きに勉強を取り組むことができます。
そして、それが習慣化されれば、日々の小さな積み重ねが、やがて大きな力へと変わっていくのです。

  ◆◆◆

自宅学習(家庭学習)で行なう、学習方法は、こちら ⇒ 普段の勉強の仕方


自宅学習(家庭学習)の習慣を身につけさせるために

勉強は、ときどきやればいいというものではありません。
その日に学校で習ってきたことは、その日のうちに、自宅で反復演習する必要があります。
ですから、勉強は、毎日するものなのです。
それも、計画的に進めていくことが必要です。

定番ですが、毎月届けられるこれ以上の教材はないと思っています。

【 進研ゼミ小学講座 】
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

【 月刊ポピー 新学社 】

おまけ(英語の学習について)

英語教室の画像 英語の学習を本格的に始めるのは、中学生になってからです。
しかし、小学生や早い子では幼児の頃から英語教室に通っている子がいます。
つまり、中学1年生になったとき、その時点から英語を始める子と以前から英語を習ってきた子との間には、大きな差ができてしまっています。
経済的な負担があるため一概には言えませんが、できれば、小学生の頃から、何らかの形で英語に触れさせておくことが望ましいと考えます。

但し、英語教室にも色々あって、楽しませるだけの教室があるのも事実です。
そのような教室の場合は、中学の英語の成績に影響しないことがありますので、お気をつけください。

【 ヒューマンアカデミー ランゲージスクール 】

おまけ(小学生新聞について)

我が家でも購読していました。

教科書と違い、タイムリーにそのときの世の中の出来事をわかりやすく教えてくれます。
色々なことを知ることができるので、新聞といいつつ、これも立派な教材です。

漢字にはふりがながふってあります。
大人が読んでも楽しめます。

本一冊分の値段で、毎日新聞を届けてくれるので、お得感もあります。

【  朝日小学生新聞 】

↑ PAGE TOP